DSD(ハイレゾ)収録を選んだ理由は、ライブ会場独特の響きを捉えて、再現できる規格であるということ。人の耳や体に響いてくる音を収録して、忠実に再現してくれるDSD(ハイレゾ)は、CTHが奏でる音楽を表現するのにぴったりな選択でした。最近の音楽再生機器はハイレゾ化が進み、携帯電話でもハイレゾ再生できる端末も出て来ました。ハイレゾ音源のインターネット配信もすでに始まっています。ハイレゾはこれから瞬く間にスタンダードになっていくでしょう。

DSD(ハイレゾ)収録を選んだ理由は、ライブ会場独特の響きを捉えて、再現できる規格であるということ。人の耳や体に響いてくる音を収録して、忠実に再現してくれるDSD(ハイレゾ)は、CTHが奏でる音楽を表現するのにぴったりな選択でした。最近の音楽再生機器はハイレゾ化が進み、携帯電話でもハイレゾ再生できる端末も出て来ました。ハイレゾ音源のインターネット配信もすでに始まっています。ハイレゾはこれから瞬く間にスタンダードになっていくでしょう。

DSD(ハイレゾ)収録を選んだ理由は、ライブ会場独特の響きを捉えて、再現できる規格であるということ。人の耳や体に響いてくる音を収録して、忠実に再現してくれるDSD(ハイレゾ)は、CTHが奏でる音楽を表現するのにぴったりな選択でした。最近の音楽再生機器はハイレゾ化が進み、携帯電話でもハイレゾ再生できる端末も出て来ました。ハイレゾ音源のインターネット配信もすでに始まっています。ハイレゾはこれから瞬く間にスタンダードになっていくでしょう。

ギター/パーカッション/タップという世にも珍しい編成のバンド Conguero Tres Hoofers。

 

「彼らの創り出す音楽を”生”のまま届けたい!」そんな思いから今回のプロジェクト

 

“4K x DSD x CTH” が始まりました。

 

シンプルな楽器の音、タップで蹴る板の音、そして彼らの特徴でもあるフィジカルなライブパフォーマンスをありのまま伝えるために、

 

録音はDSD(ハイレゾ)を選択。映像は高解像度な4Kで録画しました。

ギター/パーカッション/タップという世にも珍しい編成のバンド Conguero Tres Hoofers。

 

「彼らの創り出す音楽を”生”のまま届けたい!」そんな思いから今回のプロジェクト

 

“4K x DSD x CTH” が始まりました。

 

シンプルな楽器の音、タップで蹴る板の音、そして彼らの特徴でもあるフィジカルなライブパフォーマンスをありのまま伝えるために、

 

録音はDSD(ハイレゾ)を選択。映像は高解像度な4Kで録画しました。

ギター/パーカッション/タップという世にも珍しい編成のバンド Conguero Tres Hoofers。

 

「彼らの創り出す音楽を”生”のまま届けたい!」そんな思いから今回のプロジェクト

 

“4K x DSD x CTH” が始まりました。

 

シンプルな楽器の音、タップで蹴る板の音、そして彼らの特徴でもあるフィジカルなライブパフォーマンスをありのまま伝えるために、

 

録音はDSD(ハイレゾ)を選択。映像は高解像度な4Kで録画しました。

4K映像での収録理由は、高解像度でアーティストを撮影することで、

 

3人の呼吸を捉えて、音楽とシンクロする彼らの表情や汗、

 

髪の毛一本一本が躍動する様まで表現したいという気持ちから

選んだフォーマットです。

 

4K映像はすでに一般にもよく知られる映像規格になりました。

 

その写る物がまるで目の前に実在するような感覚を与えてくれる解像感は、

 

「ライブを”生”のまま伝える」ために最も適した選択でした。

4K映像での収録理由は、高解像度でアーティストを撮影することで、

 

3人の呼吸を捉えて、音楽とシンクロする彼らの表情や汗、

 

髪の毛一本一本が躍動する様まで表現したいという気持ちから

選んだフォーマットです。

 

4K映像はすでに一般にもよく知られる映像規格になりました。

 

その写る物がまるで目の前に実在するような感覚を与えてくれる解像感は、

 

「ライブを”生”のまま伝える」ために最も適した選択でした。

4K映像での収録理由は、高解像度でアーティストを撮影することで、

 

3人の呼吸を捉えて、音楽とシンクロする彼らの表情や汗、

 

髪の毛一本一本が躍動する様まで表現したいという気持ちから

選んだフォーマットです。

 

4K映像はすでに一般にもよく知られる映像規格になりました。

 

その写る物がまるで目の前に実在するような感覚を与えてくれる解像感は、

 

「ライブを”生”のまま伝える」ために最も適した選択でした。

これまで、4KとDSD(ハイレゾ)は

個別にそれぞれの高い能力を用いられてきましたが、

今回の狙いは4KとDSD(ハイレゾ)を組み合わせることで、

CTHの躍動感に満ちた本格的なライブ音楽を、

私達がその場で体感したように追体験できる物を作る事でした。

そして素晴らしい作品に仕上がったと思います。

これまで、4KとDSD(ハイレゾ)は

個別にそれぞれの高い能力を用いられてきましたが、

今回の狙いは4KとDSD(ハイレゾ)を組み合わせることで、

CTHの躍動感に満ちた本格的なライブ音楽を、

私達がその場で体感したように追体験できる物を作る事でした。

そして素晴らしい作品に仕上がったと思います。

これまで、4KとDSD(ハイレゾ)は

個別にそれぞれの高い能力を用いられてきましたが、

今回の狙いは4KとDSD(ハイレゾ)を組み合わせることで、

CTHの躍動感に満ちた本格的なライブ音楽を、

私達がその場で体感したように追体験できる物を作る事でした。

そして素晴らしい作品に仕上がったと思います。

今回プロジェクトは、


撮影・編集を凸版印刷、録音をOTOTOY、CTH マネージメントをDOUBLE FIVE、

 

企画制作をAGRO CREATIVE で行いました。

今回プロジェクトは、


撮影・編集を凸版印刷、録音をOTOTOY、CTH マネージメントをDOUBLE FIVE、

 

企画制作をAGRO CREATIVE で行いました。

今回プロジェクトは、


撮影・編集を凸版印刷、録音をOTOTOY、CTH マネージメントをDOUBLE FIVE、

 

企画制作をAGRO CREATIVE で行いました。